iPhoneXは結局おすすめ?1ヶ月使ってみての評価&レビュー

2017年12月7日iPhoneX最適化されたアプリとされてないアプリ スマホ・IT・PC周辺機器

iPhoneXが気に入っているコタロです(`・∀・´)

ネットを見ていると賛否両論色々あるiPhoneXですが、コタロはかなり気に入って使っています。

もうiPhoneXを使い始めて1ヶ月以上経っていますが、1ヶ月間使ってみてどうだったのか、評価やレビューと共に、誰にでもおすすめできる端末なのか、そのあたりについても記事にしてみたいと思います。

色々賛否両論ある機能についても、それぞれコタロは1ヶ月使ってみてどのように感じているかまとめてみます。

スポンサーリンク

FaceIDがめっちゃ便利

コタロが一番気に入ってのがFaceID。
賛否両論ありますが、これがとにかく気に入ってます。

解除も早いし自然だし、今までのわざわざ指をホームボタンに置くという動作が無駄に、面倒に感じられます。

ホームボタンに指を置くというのは、スマホを動かすのに本来する必要の無い動作ですからね。

その点FaceIDは、スマホを見るという絶対におこなわれる動作の中で認証されるので、自然だし認証解除するという意識もなく解除されてシームレスに使えます。

なにより、手荒れや手が濡れてて認証エラーになることもなく、コタロのように冬場指紋認証がまともに機能しないような手荒れ体質の人には救世主とも言うべき機能。

1ヶ月使っても本当に便利でコタロの使い方だと不満もありません。

デザインがカッコイイ

デザインがカッコイイです。
今まで、iPhone6からず〜っと同じデザインで、正直飽きてました。

買い換えても見た目はそっくり。
そりゃ機能は改善されてても、見た目がおんなじだとやっぱりテンション上がりません。

でも、今回はデザインを刷新していてカッコイイです。
背面はリングが邪魔ですが、ガラスで素敵です。

iPhoneX背面

正面はディスプレイが全面になりこれまた今までのiPhoneにないスッキリしたデザインでカッコイイです。

iPhoneX正面

壁紙は自分で撮影したとある湖ですが、非常に綺麗に表示されています。
そしてもう一つ気に入ってるのが側面部分。

iPhoneX側面

このピカピカのステンレスがカッコイイです。
今までこの部分はアルミでしたが、やはりステンレスとは触り心地も違うし、強度もかなり違うようです。

見た目もピカピカで良いですよね。
このデザインはコタロにとっては大きなメリットで、以前のiPhoneまでのデザインがもう飽きちゃったので魅力的です。

ホームボタンがないのは最高に使いやすい

ホームボタンですが、これも当初は賛否両論、コタロもあったほうがいいんじゃないの?と思っていましたが、1ヶ月間使ってみて改めて思ったことがあります。

ホームボタンは無い方が使いやすいってことです。

ネットのレビューなんかを見ていれば、ホームボタンはなくても大丈夫!という意見が大多数のなのは承知かと思いますが、無くても大丈夫というよりない方が快適だとコタロは思います。

元々スマホの画面操作は、タップするかスワイプするかしかありません。
だけど、ホームボタンは押し込むという動作です。

今までiPhoneを使っていてもそんなに気になりませんでしたが、改めて押し込む動作のないiPhoneを使うと、押し込むという動作は手間だと感じるようになります。

それくらい、ホームボタンという押し込む動作のない操作形態は非常に便利だし、楽で慣れれば抜群に使いやすいです。

もうホームボタンのあるiPhoneには戻れません。

有機ELディスプレイはやっぱり綺麗

iPhoneXといえば、iPhoneシリーズで初の有機ELディスプレイも注目点。

最初にディスプレイを見たときにすぐに思いました。
あ、これ綺麗だね!

もちろん今までのRetinaディスプレイも綺麗でしたし不満もなかったんですが、今回の有機ELディスプレイはさらに綺麗です。

ただ、どこが綺麗かといわれるとわからないのですが、強いていうのならホーム画面などは絵が貼ってあるみたいと感じました。

紙に書かれた絵が貼ってあるのかと誤認するくらい自然な色彩ということなんだと思います。
これは、従来の液晶ではいくら綺麗で高精細でも感じたことはありません。

このディスプレイを見た後に、今までの液晶をみると、どこか違和感を感じます。
逆に言えばその程度のレベルの違いではありますが、非常に自然でまるで紙に書いた絵のような画質です。

ノッチと呼ばれる画面上部の欠けは全く気にならない

これまた賛否両論あるディスプレイ上部のノッチ部分。
コタロは全く気にならないです。

むしろあった方が良い!と思えるほど。
もちろん何も無いのがいいのですが、ベゼル作るくらいならノッチで良いかなと思っています。

これについては以前に詳しく書いたので、その記事をご覧ください。

iPhoneX画面上の凹み(ノッチ)はある方が良いと思う3つの理由
iPhoneXが使いやすくてすっかり気に入ってるコタロです(`・ω・´) よく、iPhoneXのディスプレイ上部にあるヘコミ部分、出っ張りとか切り抜きとか、ノッチとか色々ないわれ方をしているこの部分。 この部分がかっこ悪...

1ヶ月経った今もこの意見から変わっていません。

縦長の画面も慣れれば便利

iPhoneXのディスプレイは今までのiPhoneを比べるとかなり縦長になっています。
iPhoneXが左、iPhone6sPlusが右ですが、明らかに縦長になっています。

iPhoneXとiPhone6sPlusの大きさ比較

これについてはどうなのかなとずっと思っていましたが、1ヶ月使った今の感想は、慣れれば結構便利じゃん!って所です。

そもそも、iPhoneを使うときはweb閲覧もアプリも、縦にスクロールさせて使うことがほとんど。

横にするのは写真や動画、本を見るときと一部のゲームをする時くらいです。

縦にスクロールする場合、画面が縦長になればそれだけ表示できる情報量は多くなり、画面が広くなったという印象を受けます。

実際、iPhoneXに対応していないアプリを起動すると、上下がカットされた状態で表示されますが、非常に画面が狭く感じます。

下の画像ですが、左がiPhoneXに最適化されたアプリのsafari、右は最適化されていないアプリです。

2017年12月7日iPhoneX最適化されたアプリとされてないアプリ

こうやって比較すれば、縦長の方が明らかに情報量も多く見やすいのがわかります。
上下がカットされちゃうと、やっぱり小さく見えるし大きい方が見やすいです。

iPhoneX発売当初は、最適化されているアプリは一部でしたが、現在は大半のアプリが縦長表示に最適化されていて見やすくなっています。

この縦長も慣れれば良いもんです。
少なくても上下カットされた小さいディスプレイに戻りたいとは思いません。

カメラが綺麗

とにかくカメラが綺麗です。
動画も静止画もほんとに綺麗。

iPhone6sまでと比べて、急な明るさの変化にも強いし手ぶれ補正もしっかり効いてる、何より画質そのものが非常に綺麗で色鮮やかに撮影することが出来ます。

光学ズームもできるようになって大満足。

高級コンデジといわれる、10万円以上するようなコンパクトデジカメは使ったことがありませんが、2〜3万で売ってるデジカメなら勝負にならないようにも思いますし、5万円くらいのデジカメにも負けてないんじゃないかと思うほど。

正直、iPhoneXがあれば、撮影するのが仕事の人や趣味がカメラの人以外はデジカメいらないでしょ、という気がしてなりません。

iPhoneXは一部の人以外ダントツおすすめ

色々書いてきましたが、コタロはほとんど不満なく使っていて、誰にでもおすすめしたいところです。

ただし、このiPhoneXが向いてない人もいます。
その向いてない人というのが、マスクを多用する人。

FaceIDは顔がわからないと認証されません。
指紋認証が手袋してたら認証されないのと同じで、マスクはNGです。

なので、通勤時や仕事で常にマスクをしているなんて人には向いていないと思います。

ほぼ毎回パスコード入力が必要になりますからね。
コタロのように指が荒れて指紋認証エラーが多かったり、手袋を通勤時や仕事で多用する人は顔認証の方が遙かに便利です。

なので、おすすめ出来ない人はマスクを多用する人。
それ以外の人にはiPhoneX全く問題なく使えると思いますので、使ってみてほしいです。

未だかつてない進化を味わえるんじゃないかなと思います(`・∀・´)

コメント