コロンビアのオムニヒートは暖かい?ジャケットを買ってみた

クリフハンガーIIフーディー 服・家具・雑貨

アウトドア&スポーツメーカーの衣類にハマっているコタロです(`・∀・´)

普通のファッションブランドの服と比べて、機能面で優れている物が多く、最近は見た目も良い物があるので、ユニクロ以外だとスポーツメーカーかアウトドアメーカーの物ばかり買ってます。

今回はアウトドアスポーツメーカー、コロンビアのジャケットを買いました。

オムニヒートという熱反射テクノロジー搭載のジャケットを購入したので紹介したいと思います( ´ ▽ ` )ノ

果たして暖かいのでしょうか。

スポンサーリンク

コロンビアのオムニヒート&オムニシールドジャケット

今回購入したのがコロンビアのクリフハンガーIIフーディーという製品です。
見た目はこんなの。

クリフハンガーIIフーディー

中綿にポリエステルが入ってるジャケットです。
品質表示のタグを見てみると、ナイロンとポリエステルで出来ているのがわかります。

クリフハンガーIIフーディー品質表示タグ

中国製ですね。
このジャケットの特徴ですが、やはりオムニヒートという暖かさを保持するための機能があるという点かなと思います。

コタロは北海道の寒冷地に住んでいますが、冬にこれで大丈夫なのか気になるところ。
商品のタグにもオムニヒートオムニシールド対応品ということが書かれています。

オムニヒートとオムニシールドのタグ

オムニヒートはアルミニウムをドット状に配置し、熱を反射させ逃げないようにしているとのこと。

オムニヒートサーマルリフレクティブというそうですが、裏側はこんな感じで、アルミがぎっしりです。

オムニヒオートのアルミドット

さらに中綿に太さの異なる繊維を使うことで、3D構造を作り空気を蓄えることで保温性をあげている、オムニヒートサーマルインシュレーションというのも採用されているようです。

かなり暖かそうですね。
ただ、触った感じはかなり薄くて、外気温が氷点下になる北海道の冬で使えるのかちょっと不安( ̄▽ ̄;)

ちなみにオムニシールドという、雨や汚れをはじき、速乾性をを持たせるという機能もあるようで、モサモサ雪が降ってる時も着れるのでしょうか。

コロンビアはアウトドアスポーツメーカーですから、雪の中これで活動することも想定されていると思うのですよね。

このジャケットはメンズですが、コスケではなく妻が着る予定なので、サイズはSを買いました。

コロンビアのジャケットSサイズ

価格はアウトレット商品だったので5,999円。
さらにここからまとめ買い割引きも入ってるので、かなりお得に買えています。

コロンビアジャケットのアウトレット価格

元値は19,500円ですからね〜。
ネットで買っても結構お高いです。

洗濯は手洗いなら自宅でも可能。
タグにはこんな感じに書かれています。

コロンビアのジャケットの洗濯タグ

手洗いでの押し洗いオッケーのようです。
漂白剤、柔軟剤はNG、乾燥機もダメです。

なかなか厳しそうですが、自宅で洗えるというのは大きなメリットですね。

さて、肝心なのは暖かさ。
本当に暖かいのでしょうか、着てみました。

コロンビアのオムニヒートは暖かいのか着てみた

実際に着てみました。
175cm、62〜62kgのコタロですが、Sサイズでも着ることが出来ます。

コロンビアのSサイズアウター

多少窮屈なので、厚着はできませんね。
中に重ね着するのならやはりMにしたいところ。

今回は妻が着るのでSにしていますが、コタロが着るのならMにしますね〜。

さて、外出来てみた感想ですが、この厚みのわりには暖かいというのが素直な感想。
決して、これがあれば氷点下10℃でも大丈夫だとは思いませんが、比較的薄くて計量だということを考えれば、かなり優秀なジャケットかなと思います。

オムニヒートの効果なのでしょう、思った以上に暖かいです。
外気温一桁程度なら、これで問題ないでしょうし、0℃付近でも中にしっかり着込めば大丈夫かな?という気がします。

以上、コロンビアのオムニヒートのジャケットが暖かいのか、着てみた感想でした( ´ ▽ ` )ノ

コメント