札幌でヒグマが国道脇に仁王立ち!千歳でも熊が目撃されてます

ヒグマ ニュース

こんにちは、コタロです。

最近北海道ではの目撃情報が多発しています。
ここ最近札幌市で頻繁にヒグマが目撃されていて、コタロの住んでいる地域でも毎年熊はでますが、札幌でここまで何度も目撃されるのは例年にない多さ。

周りには住宅地や小学校があるところも多いので非常に危険です。
今回は、そんな熊が目撃されているのは北海道のどんなところなのか。

そして、実際北海道に住んでいる人はどう思っているのか、そのあたりについて記事にしてみたいと思います。

スポンサーリンク

札幌の国道脇でヒグマが仁王立ち

2018年7月17日の夕方、札幌市南区の国道沿いに熊が仁王立ちしているのが目撃されています。
北海道新聞のニュースにこんなことが書かれていました。

札幌市南区豊滝の国道230号の道路脇で17日夕、本紙のカメラマンがヒグマの雌1頭の写真を撮影した。クマは上体を起こし、国道の北側を流れる豊平川方面から道路を渡ろうと左右を見るそぶりをしたが、すぐにやぶに戻り、姿を消した。

このヒグマが目撃されたのは南区の住宅街側。
場所はこのあたり。

南区の札幌市街から定山渓に向かう途中の住宅地付近です。
近くには小学校もあり非常に危険。

熊はこんな状態で、道路脇に仁王立ちしていたようで、実際に撮影された写真がこれです。

仁王立ちしている雌熊

胸がでているのでメスのようで、車が通るのを見ていたそうです。
交通量も多い、定山渓に向かう道路ですから非常に危険。

札幌市内では今年は熊の目撃情報が多く、真駒内アイスアリーナ付近の住宅街でも7月12日に目撃されています。

7月に入ってから南区では10件以上の目撃情報があり、同じ熊の可能性もあるとのこと。
また、南区以外でも目撃情報がありますが、住宅地内部まで入り込んでくるのは主に南区。

札幌以外だと周辺なら千歳などでも熊が住宅地内で目撃されています。
北海道の大動脈である国道36号線沿い、千歳の街中のここです。

こっちは隣にスーパーやドラッグストアがあったり、小学校に中学校、高校もある場所。
普通に街中です。

この場所で国道を横断する姿が目撃されています。
非常に危険です。

熊がでるのを地元の人はどう思ってる?

地元の人がどう思っているかですが、これはコタロがその地元の人なので気持ちはよく分かりますし、話題にもなります。

正直な気持ちは駆除して欲しいですね。
熊は一度人の生活圏に慣れると、そこを中心に活動することも多いです。

そして、人間は素手では熊には勝てません。
大人が何人いようと熊に勝つのは無理で、人間は弱者。

まして、子供も多く通る場所ですから危険極まりなく、テロリストや殺人犯が付近に潜んでいるというのと同じくらい地元の人にして見れば怖いことです。

出会えば命がない、それくらいの恐怖があるのです。
なので、皆できれば駆除して欲しいと思っています。

山の中に入っていって熊に襲われるというのは人間にも非があります。
しかし、住宅地に熊が出るというのは、やはり人間にはどうしようもないことですし、そのあたりに住み着かれてしまっては命に関わる事態。

保護して山に帰したとしても、一度人間になれた熊は人を怖がりませんから、積極的に降りてくるでしょう。

いずれ人が襲われます。
そうなる前にしっかり対策、駆除して欲しいというのが本音です。

人間が熊の居場所を奪っているわけではないと思う

人間が熊の居場所を奪っているなんて意見もありますが、私はそうは思いません。
札幌周辺なんて、元々山を開拓して住宅地を作るなんてことしていませんからね。

何十年も前の話をすればそりゃ今の住宅地も元々は山の中。
熊の生息域だったかもしれませんが、少なくても今生きてる熊が生まれたときには、人間の住んでいる場所だった所ばかり。

少なくても今は人間の住処ですし、熊が立ち入って良い場所ではありません。
駆除もやむを得ないと思っています。

人間が熊の住処を奪っているのではなく、熊が駆除されず増殖しているため山から下りてくるとか、人間になれてしまって怖がらなくなったとか、人間が山林の側に住まなくなって熊が徐々に山から下りてきているとかって意見があります。

真実はどれか分かりませんが、人間が熊の居場所を奪っているわけではないと思うのです。

山には元々熊がいたのに、それを開拓した人間の住処に入って駆除するなんてかわいそうという意見も確かにあります。

しかし、自然界でだって強いものが自分の住処を決め、他のものが入ってきたら攻撃されるものです。

弱肉強食こそ世界共通のルールで、武器を持てば人間の方が強者。
そんな人間の住処に入り込んだ熊が駆除されるのもやむを得ないと思います。

なにより、人間の命を脅かす存在。
人間の世界に入ってくれば危ない、危険だということを熊に分からせるためにも、人間の恐怖を受け付けることが人間も熊も余計な犠牲を出さずに平和に暮らす唯一の方法なのではないかと思っています。

以上、札幌で熊が目撃されたというお話しと、そこに住む地元の人が感じていることなどでした。

コメント