受動喫煙防止法成立!飲食店を含む多数の場所が原則禁煙になります

禁止 ニュース

こんにちは、コタロです。

ついに今日、受動喫煙防止法が成立しました。
タバコが苦手なコタロにとっては、これは念願だったのです。

この受動喫煙防止法は原則飲食店や事務所など、多数の人が利用する場所ではタバコが吸えなくなるというもの。

飲食店でのタバコの煙は本当にしんどくて、何とかならないものかとずっと思っていたのですが、ようやくその対策がされたということです。

今回は、この受動喫煙防止法がどういったものなのか、いつからなのか、コタロはどう思っているのかなども含めて記事にしたいと思います。

スポンサーリンク

受動喫煙防止法が2018年7月18日成立!施行は2020年4月

まずは今回の受動喫煙防止法の施行についてです。

時事通信社のニュースの一部を抜粋します。

受動喫煙対策を強化する改正健康増進法が18日の参院本会議で、与党などの賛成多数で可決、成立した。

多くの人が利用する施設の屋内を原則禁煙にし、違反者には罰則も適用する内容。今後、段階的に施行し、東京五輪・パラリンピック開催前の2020年4月に全面施行する。

受動喫煙防止法といわれる今回の改正法は、2018年7月18日国会で賛成多数で成立し、2020年4月に施行されます。

オリンピックをきっかけにということですね。
海外では、ずいぶん前から受動喫煙に配慮して飲食店では喫煙できないところも多かったようですが、日本はずいぶんと遅れてようやく規制されたという形です。

現在日本での喫煙者は3割程度ですから、全体の7割の人が非喫煙者。
大多数である非喫煙者の守るためのこうした規制は必須だったと思います。

受動喫煙防止法で規制される内容

では実際どういう所で吸えなくなるのかですが、基本多数の人が利用する屋内全てです。
飲食店はもちろん、事務所、病院、学校、行政機関なども全てです。

ただし一般的な民間の事務所などは喫煙専用の室内があるのならそこでは可能なようです。

こうした喫煙所は、大規模な施設ではある程度進んでいますが、事務所など規模の小さい場所にも多数の人が利用するなら適用されるようなので、今後喫煙場所はドンドン減っていきそうですね。

病院、学校、行政機関は屋内に限らず原則敷地内全てで禁煙ですが、一定の条件を満たせば屋外に喫煙所を設置出来るとのこと。

そして肝心の飲食店は、個人または資本金5000万円以下の中小企業が経営する客席面積100㎡以下既存店店頭に喫煙可能と標識を提示すれば例外として喫煙を認めるとのこと。

つまり以下の条件を満たせば喫煙できる店と言うことです。

  • 個人経営のお店か資本金5000万以下の中小企業が経営していること
  • 客席面積が100㎡以下
  • すでに営業している既存店であること
  • 店頭に喫煙可能などと標識を提示すること

これは、厚生労働省によると飲食店全体の約55%にもなるそうです。
半数以上のお店が例外扱いになるのですから、正直かなり骨抜きになったなぁという印象。

当初は面積30平方メートル以下のバーやスナックのみ例外を認めるというものでしたからね。

それでも、これらの例外のお店や喫煙室などでも、お客さん、従業員とも20歳未満の立ち入りを禁止することにもなっていますので、最低限の規制にはなっていると思います。

喫煙できる場所には未成年は従業員であっても入れない、これがはっきりして良かったです。

それに、喫煙可と店頭に表示されていれば分かりやすいので入らなくて済みますし、今後ファミリー層が行くようなお店などでは特に禁煙店一気に増えるでしょうね。

これにはしっかり罰則もあります。
禁煙場所で喫煙した個人に30万円以下の過料を、そして禁煙場所に灰皿などの喫煙器具や設備を設けるなどした施設管理者に50万円以下の過料だそうです。

禁煙場所で吸った人も、吸う場所を用意した人も罰則があるということです。
かなりしっかりした規制になっていると思います。

ちなみに東京都は従業員のいる飲食店はこの例外を設けず全て禁煙というさらに厳しい規制をしています。

もちろん喫煙室があれば大丈夫ですが、今回の改正案のように資本金や店の大きさでの例外は設けず従業員がいれば全部規制の対象です。

非喫煙者の私としては非常にありがたい規制

今回の受動喫煙防止法ですが、タバコを吸わない私としては非常にありがたいです。
今まで行きたい飲食店があっても、喫煙可なので避けるということが多かったのですが、今回の改正案でそれも減ると思います。

例外はありますが、それでも喫煙可にしていると未成年が入れなくなります。
飲食店で子供連れのファミリー層が入れないというのは、お店にとっても致命的でしょうから、基本禁煙の場所が多くなるでしょう。

大人しかいかないような、小規模の居酒屋ではこれからも喫煙可が続くかもしれませんが、それでも店頭に喫煙可能店などの表示が出ますし、新規店舗は喫煙不可になります。

時間が経てば徐々に減っていくものと思います。

飲食店に限らず、事務所や会社でも、今まで吸いたくなくても吸わされているという環境があったのも事実。

それもなくなるとなれば本当にありがたいこと。
コタロとしてはこの法案大賛成です。

喫煙者には少々厳しいものかもしれませんが、タバコの煙は健康被害を受けます。
吸いたい人が吸う分にはかまいませんが、吸いたくない人に吸わせることができる環境はなくしていく必要があると思います。

タバコ吸いたい人には、喫煙所などが準備されますし、喫煙可能店もまだまだ残るので、そこで吸って貰うということで良いかと思います。

以上、受動喫煙防止法が成立したよというお話しでした。

コメント