国内最高気温が41.1℃に!埼玉県の熊谷で5年ぶりに記録更新

国内最高気温を出した日の全国の気温状況 ニュース

こんにちは、kenです。

2018年7月23日に埼玉県の熊谷で5年ぶりに国内最高気温を更新したようです。
その気温、なんと41.1℃

暑いですね〜

今年の日本列島はどこも非常に暑い日が続いています。
今回は、そんな熊谷で5年ぶりに更新した、国内最高気温についてと猛暑が続く今の状態について書いてみたいと思います。

スポンサーリンク

国内最高気温5年ぶりの更新!埼玉県熊谷で41.1℃に

国内最高気温を更新したのは埼玉県熊谷というところです。
場所はこのあたりですね。

東京の北西です。
内陸部なので暑くなりそうな場所ですね。

東京からもさほど離れていない土地で国内最高気温が更新されてしまったのです。
その気温なんと41.1℃ですからかなりの猛暑。

今日までの国内最高気温は、高知県江川崎で2013年8月12日に記録した41.0℃です。
私は北海道に住んでいるので、30℃を越えるだけでもとてつもない暑さに感じますが、40℃越えはちょっと想像できません。

東京都内で観測史上初の40℃越えに

全国的に暑くなっていて、40℃を越えたのは埼玉県だけではありません。
実はこの日、東京都青梅でも40.3℃を記録しています。

実はこれ、東京都内では観測史上初の40℃越えということで、全国各地で暑い様子がわかります。

観測所は基本日陰の芝生などの上なんかで行われるようですから、都内のビル群のコンクリートの上なんかにいたら、40℃どころじゃないでしょうね。

ビルで風も入らないので暑い空気が停滞するし、室外機の温風もガンガンでてくる、その上に暑い日光でコンクリートやアスファルトが温められて熱を発してるわけです。

東京都内の真夏はそのうち人間が生きていけないくらい暑くなるかもしれません。

暑さの原因

連日続く暑さ、2つの高気圧が布団のように重なり合っていることが原因だと言われています。
上空1万5,000メートルにあるチベット高気圧と、上空5,000メートル付近にある太平洋高気圧、この二つが重なり合うように日本列島に停滞。

そのため、非常に良い晴天に恵まれていますが、上空から蒸し暑い空気が降りてきて、日本列島を温めているようです。

例年よりチベット高気圧が日本に近づいているので、このようなことになってしまっているようです。

しかもこの暑さ、7月いっぱいは続くようで、8月9月も例年より暑くなる見込みとのこと。
今年は猛暑の夏といえそうです。

この2つの高気圧に包まれているのが東北南〜関西あたりなので、暑くなるのも関西や関東が中心となっています。

日本列島全国的に猛暑といっても、より南にある沖縄なんかはこの高気圧から外れていますから、気温は低く全然涼しいのです。

九州も多少距離があるので、関東関西よりは涼しく、東北も北部なら全く影響を受けていません。

北海道なんかもこの高気圧から完全に外れていますから、例年通り涼しい気温となっていますね。
決して全国的に暑いというわけではなく、関東や関西を中心に異常なほど気温が勝手いるというのが現実です。

以上、国内最高気温が41.1℃に更新されましたというお話しでした。

コメント