スマホの4年縛りをauが見直し!そもそも4年縛りってなに?

auのアップグレードプログラム ニュース

こんにちは、コタロです。

先日、auやソフトバンクがiPhoneを買う際に採用できる4年縛りのシステムを、まずはauが見直すという報道が流れました。

これがなくなるメリットは非常に大きいので、私としてもありがたい限り。

今回は、この4年縛りについてと、なぜなくなるのか、どのようになくなるのかについて、報道された部分だけになりますがまとめてみたいと思います。

まだ見直す方針を決めただけで、完全にどうなるかは分かりませんが、概ねどのように4年縛りが変わるのかの方針だけは分かりました。

スポンサーリンク

auが4年縛りを見直しへ

先日auが4年縛り4年縛りのプランですが、auが先陣を切って見直しを進める方針を明らかにしています。

こんなニュースが報道されました。

携帯大手KDDI(au)は、スマートフォンを4年間の分割払いで販売する「4年縛り」と呼ばれるプランについて、見直す方針を固めた。スマホを実質半額で買う際に課している、プランへの再加入の条件を廃止する方向で検討している。

いわゆる4年縛りといわれているプランをauが見直すとのこと。
見直す内容については、スマホを実質半額で交換するさいに条件として課されている、同じプランへの再加入を廃止すると言うことです。

これはなかなか良いニュース。
今まで4年縛りを躊躇していた人も、これなら加入したくなりそうです。

4年縛りってなに?

そもそも4年縛りってなに?って人も多いかもしれません。
携帯電話サービスで良くあるのが2年縛り。

これはドコモ、au、ソフトバンク各社が導入しているもので、2年間使うことを前提に基本料が引かれるというタイプのものです。

指定の月以外で解約すると違約金として1万円前後を払わなきゃいけません。
これの問題は、この2年契約が毎回更新されるという点にあります。

契約から2年経過し、解約できる月を逃せば、またそこから2年違約金のかかる期間が延長されます。

一般的な感覚からすれば、契約から2年過ぎれば違約金かかからずいつでも解約可能だという感じもしますが、2年ごと延長され実質無料で解約できる期間が短い。

これが問題となっているのです。

じゃあ、4年縛りってなに?ですが、4年縛りというのは1年ほど前の2017年の後半、iPhone8やiPhoneXが登場したあたりで導入されたプランです。

auとソフトバンクにあるプランなのですが、スマホが実質半額で買えるというプランなのです。

auの場合はアップグレードプログラムという名前なのですが、指定のプランと組み合わせて使うもので、これを採用した場合スマホを実質半額で買えます。

店頭や広告でもスマホが半額で買えるというのを売りにしているように思います。
でも、これには大きな落とし穴があるのです。

それは、この契約は2年間でスマホ代の実質半分を払うというもので、単純に半額で買えるわけではありません。

このプランで契約し、機種の半額分を分割で2年間支払います、そして2年後機種変更をすれば残りの半額の機種代金は払わなくて良いというプランなのです。

スマホ自体は引き取られてしまいますが、確かに実質半額で、スマホを普通に下取りに出すよりお得に思えます。

しかし問題はここから。
実は、この制度を利用するには、2年後の新機種交換の際にもアップグレードプログラムに加入しなければいけないのです。

途中で解約した場合は、機種の残債を全て支払わなくてはいけないので当然半額になりません。
この半額プランを適用させるには、永遠にこのアップグレードプログラムに加入し続けなければいけない。

最低でも、1回半額を適用させるだけでも最初の2年と、その後の2年間での4年間このアップグレードプログラムへの加入を半ば強制されるので4年縛りと言われています。

そんなこともあって私はauを使っているんですが、このアップグレードプログラムは使いませんでした。

永遠にそのアップグレードプログラムに縛られ続けるからです。
1回ずつ単体で使えるならまだしも、1回目の半額で次の機種への乗り換えが、次回もアップグレードプログラム加入を強制刺されるのなら、いつになっても解約できません。

もちろんできなくはないものの、残債を一括で払わなきゃいけないという高額の出費が付いてくるのです。

そのため他のキャリアに乗り換えにくく、プラン変更もしにくくなるという契約です。
加入を見送ったのはそういう理由があるからです。

この再加入条件がなくなるのなら非常に嬉しいことですね。

2年縛りも今後なくなるか?ドコモが見直しに

4年縛りと同様、以前から問題となっていた2年縛りも改善の方向に進むようです。
ドコモが見直しを検討するとのこと。

まだ、どのような見直しをするかなどの方針は決まっていませんが、今年の秋頃を目安に見直しをするということになっているので、もしかすると今後他のキャリアも続いていくかもしれませんね。

2年縛りがなくなれば、活発に他のキャリアに乗り換えたり、格安simに移行したりもできるので、利用者はやりやすくなるように思います。

以上、auが4年縛りのプランを見直すというニュースについてでした。

コメント